品川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 獣医師(品川区)―

森川 伸也 院長/もりかわ動物病院(その他・犬)の院長紹介ページ

森川 伸也 院長

リカワ シンヤ

動物にとって一番のお医者さまは飼い主様。その信念の元に、オールインワンの獣医療を提供。

日本大学卒業後、足立区、世田谷区の動物病院に勤務。2012年、東急池上線「蓮沼駅」より徒歩1分、JR京浜東北線「蒲田駅」より徒歩10分の地に『もりかわ動物病院』を開院。現在にいたる。

森川 伸也 院長

森川 伸也 院長

もりかわ動物病院

品川区/東京都大田区東矢口1-18-2/蓮沼駅

  • ●犬
  • ●猫
  • ●ウサギ
  • ●ハムスター
  • ●フェレット
  • ●鳥
  • ●その他

何もできなかった無力感が今の出発点

森川 伸也 院長

小学生の頃のことです。道でネコがクルマに轢かれてしまっているのを見てしまいました。その時の僕ができたのは、ただ埋めてあげることくらい。何もできない自分が歯がゆくて、悔しくて……。高校生になり、進路を決めなければいけない時、頭に浮かんだのがその記憶でした。動物と関わり、なおかつ人とふれあえる仕事はないだろうか。その中で1番目指しがいがあったのが、獣医師だったのです。
大学卒業後、足立区と世田谷区の動物病院に勤務し、2012年に『もりかわ動物病院』を開院いたしました。最初に勤務した足立区の病院は大所帯で、常勤の獣医師が15、6人もいたでしょうか。1日に訪れる動物の数も多いときには400を越えるほどで、忙しい中、今につながる基礎をいろいろと学ばせていただきました。日本生命科学大学の外科教室で主に整形外科を勉強させてもらったのは、その後のこと。実際に臨床を経験し、この分野を習得する必要性を感じてのことでした。今もさまざまな手術をこちらでおこなっていますが、その時の経験が生きていると感じています。

動物たちのあらゆる病気を診ていく

森川 伸也 院長

『もりかわ動物病院』では、ワンちゃん・ネコちゃんはもちろん、ウサギやハムスター、フェレットなどのエキゾチックアニマルの診療もおこなっています。私はエキゾチックアニマルの専門家というわけではありませんが、「うちで診てほしい」という飼い主さんのご希望を汲み、できるだけのことをさせていただいています。また、これは彼らに限ったことではありませんが、緊急性の高い疾患では一刻を争うということもありますので、最善の医療が提供できるようベストを尽くしています。
当院では診療科に限ることなく、あらゆるものを診させていただくスタンスをとっています。そのためには、自分自身はもちろんのこと、スタッフも積極的に外へ出て、最新の技術や知識の習得に励んでいるところです。開業医として幅広く、そしてできる限り深さのある診療を提供していきたいですね。

獣医がん学会Ⅱ種認定医として、最新かつ最善の医療を提供

森川 伸也 院長

患者さんはお近くの方が大半ですが、最近は遠方からも来院される方が増えてきています。その中には、私が癌の専門医であることを知り、足を運んできてくださる方もいらっしゃいますね。
人がそうであるように、今や犬猫の死因の第一位も癌となっています。これは、ペットの高齢化が進むにしたがい、表れてきた傾向と言えるでしょう。当院では選択肢を複数ご用意し、その1つひとつについて、具体的な効果や副作用の有無、費用面などを詳しくご説明し、その上で選択をしていただいています。
『もりかわ動物病院』では飼い主さんと一緒になって治療をおこなうスタイルをとっており、検査なども飼い主さんの目前でおこなうようにしています。動物にとって1番のお医者さんは、飼い主さんご自身。実際に、日々の投薬などは飼い主さんにおこなっていただかなくてはなりません。だからこそ、すべてを明らかにし、飼い主さんのご理解を得ることが大切だと考えています。

動物の負担の少ない治療を心掛け、すべての面でスキルアップを目指す

以前は何かあればお薬を出す、という形が一般的でした。その流れはここ数年で様変わりし、皮膚科のみならず、すべての診療に冠して、副作用のなるべく少ない治療を提供することが常識となっています。マイクロバブルによるシャンプー療法はその代表的な例であり、今後も動物に負担の少ない治療を心掛けていきたいと思っています。

私は、少し欲張りなのかもしれません(笑)。お話ししましたように、すべてを診るというのが基本にあるものですから、電気メスやシーリング装置、あるいはICUなど、診療を助けてくれる高性能な機器をどんどん導入しています。またソフト面としては、スタッフ全体のスキルアップに重点を置いています。私1人の力は、限られたものです。みんなの力を集結させることが何より大切。彼らのがんばる姿が私を元気づけてくれていますし、わがままな自分についてきてくれているスタッフに感謝しています。

これから受診される患者さんへ

動物を家族の一員として大事に扱っておられる飼い主さんが多く、私自身、そうした環境に大変恵まれていると感じています。普段、動物と共にいる飼い主さんだからこそ、気づけることがあります。どんな些細なことでも構いません。気になったら早めに病院に来て、お話しくださればと思います。みなさんの想いに応えられるよう、精一杯のサポートをさせていただきます。

※上記記事は2016年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

森川 伸也 院長 MEMO

  • 出身地:神奈川県
  • 趣味:勉強会への出席
  • 好きな本・作家:ミステリー/綾辻行人、東野圭吾
  • 座右の銘:克己心
  • 好きな音楽:ジャズ
  • 好きな場所:沖縄

グラフで見る『森川 伸也 院長』のタイプ

穏やかでやさしく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかでやさしく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート