品川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(品川区)―

伊藤 裕司 院長/いとう歯科クリニック(戸越駅・歯科)の院長紹介ページ

伊藤 裕司 院長

YUJI ITO

患者様にとって「よい歯科治療」を追求。
地域の皆様に健康と幸せを提供したい。

大学卒業後、勤務医として経験を積んだのち、千葉県市川市にある歯科医院で院長をつとめる。2006年に、戸越駅と戸越銀座駅に近い場所に開業。

伊藤 裕司 院長

伊藤 裕司 院長

いとう歯科クリニック

品川区/大崎/戸越駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●小児歯科

お子さんからご高齢の方まで、様々なニーズに幅広く対応。

伊藤 裕司 院長

開業医であった父の思い出として残っているのは、診療室にただよう消毒液の匂いくらいのものです。両親のすすめもあり受験を決めた私ですが、当時は「他にやりたいこともないから、だったら挑戦してみようかな」くらいの気持ちでした。ですから、大学に入った当初も「医療人になるぞ」というような気概など持ちようがありませんでした。
その気持ちに変化が生じたのは、卒業してすぐに勤務することになった神奈川県にある『小泉歯科』での小泉院長との出会いでした。90年代初頭にCTを導入し、インプラント治療を手掛けていた病院は数えるほどしかなかったと思います。人間としても医師としても素晴らしい方で、厳しい所もありましたが、歯科医師となって最初の4年間に得たものが今の私の診療の基礎となりました。
先生のもとをはなれて、実家のあとを継いでいた兄を手伝ったあとに、千葉県市川市にある歯科医院で院長をつとめました。10年という、思いのほか長い期間お世話になりましたが、技術的なことよりも、人をまとめ、育てていくという経験ができたことが今につながっていると思っています。
歯科・小児歯科・歯科口腔外科の『いとう歯科クリニック』は2006年に、都営地下鉄浅草線・戸越駅より徒歩5分、東急池上線・戸越銀座駅より徒歩5分の当地に開院いたしました。こちらはちょうど住宅地とオフィス街の中間に位置し、商業施設の中にあるという利便性も高いため、様々な層の患者さんにご利用いただいています。サラリーマンにOL、そして主婦の方やそのご家族。お子さんからご高齢の方まで、何か特別な治療に特化するのではなく、地域につどう人々の様々なニーズに応えていきたいと思っています。

「よい歯科医療」の実現に情熱をかける。

伊藤 裕司 院長

教科書通りの治療がその方にとって「よい歯科医療」とは限りません。できる限り患者さんの望むことに応えていくという姿勢が問われるのだと思います。しかし、すべて患者さんの望むままで良いのかといえば、それもまた難しいところです。たとえば、患者さんが「どうしても歯を抜きたくない」と仰ったとしましょう。そのように付き合うことはできますが、残したがために周囲の歯に悪影響をもたらし、結果として患者さんにとってプラスとはならないこともあります。私たちができることは、すべての情報を開示し、説明を尽くした上で患者さんに選択していただくこと。その選択がどちらであれ、手を尽くし、寄り添っていかねばならないのだと考えます。
患者さんとしっかり話し合い、最善の結果を生み出していく。その過程にこそ「よい歯科医療」という言葉に意味がともなってくるのだと考えています。

歯医者さんを苦手にさせない義務がある。

伊藤 裕司 院長

他の患者さんのご紹介で来院された、遠方から来ている女性がいらっしゃいました。その方はとにかく歯医者さんが大の苦手で、そのお年でありながら上の歯は1本も残ってないという状況でした。私が拝見した時には、以前作った仮歯を、入れ歯用接着剤で固定して日々を過ごしておられ、お口を開けて笑うことも、外に出るのも少し自信がなくなっていたところだったのです。
はじめに歯医者さんへの疑念を払拭することから始めたものですから、大変ではありましたが、今では上下の歯がそろい、ご本人は口紅も塗られるようになり、外出も積極的にされるようになりました。
この方は治療が苦手になってしまっているケースで、怖さがあるゆえに、一旦痛みが治まれば行かなくなり、悪くなることを繰り返してしまっていたようです。できる限り患者さんの希望に応えられるように尽くすには、「痛くない」「怖くない」も当然含まれます。どうすればその方にとって「よい歯科医療」となるかを、我々は日々考えていく義務があると思っています。

顎関節症にマッサージやストレッチが効果を発揮。

音がしたり、痛みをともなったり、そもそも顎が開かないといった悩みは少なくないのです。顎関節症に至る要因は多岐にわたり、どれか1つを特定することは難しいのですが、最も多いと考えられるのが、治療が中途に終わったケースになります。歯を抜いたまま放置することで、左右のバランスが崩れて症状をきたすものですね。あるいは、最近のお子さんはあごが細いものですから、よろしくない咬み合わせがストレスとなり、症状をともなうことも考えられます。
治療方法としては、関節が変形してしまったようなケースをのぞきますと、マッサージやストレッチが効果を発揮します。なんらかの症状が起こっている場合、あごの周囲の筋肉が硬直していたり、血流が悪くなっていますので、それをマッサージやストレッチで解きほぐしていくのです。最もベーシックな方法になりますが、当クリニックでは大半の方がそれで症状が改善しています。
悩みどころとしては、マッサージやストレッチを長く続けていただけないことです。といいますのも、痛みが過ぎれば、皆さん、終わったこととしてとらえてしまいますから。無理もないこととは思いますが、再発を防止するという意味で、できれば習慣としていただければと思います。

これから受診される患者さんへ。

お口の健康を守るために、是非定期検診にいらしていただきたいですね。実は私は以前、定期検診のお誘いのハガキを出していなかったのです。当時は、しっかりとした治療をしていれば、患者さんは足を運んでくださると考えていましたから。それがある方から、「メンテナンスに行きたいんだけど、連絡がしづらくて…」とうかがい、考えを改めることにしました。「来たよ、先生。頼むよ。」と言っていただくと、こちらもうれしくなりますし、上手くその機会をいかしていただければと思います。
また、当院では、インプラントや審美治療も行なっておりますので、お気軽にご相談ください。

お口の健康は、人生を楽しく過ごしていただくために不可欠なものです。地域の皆さんに健康と幸せを手に入れていただけるよう、1人ひとりにとって「よい歯科医療」を追求し、ご提供していきたいと考えています。

※上記記事は2015年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

伊藤 裕司 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味・特技:ゴルフ、マラソン
  • 好きな本:ゴルフ雑誌
  • 好きな映画:男はつらいよ、釣りバカ日誌
  • 好きな言葉:継続は力なり
  • 好きな音楽:クラシック、JPOP
  • 好きな場所:緑と自然がある場所

グラフで見る『伊藤 裕司 院長』のタイプ

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
穏やかで明るく話しやすいタイプ
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート