品川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(品川区)―

宮内 重幸 院長/宮内歯科・クリニック(旗の台駅・歯科)の院長紹介ページ

宮内 重幸 院長

SHIGEYUKI MIYAUCHI

「痛くなく、出来るだけ歯を長く持たせる」をモットーに、適切な診断・安心納得の治療を提供

東京医科歯科大学歯学部卒業。同大学大学院修了。同大学附属病院第2口腔外科に勤務(元・口腔外科専門医)。1988年に生まれ育った街に『宮内歯科・クリニック』を開業(東急池上線・大井町線「旗の台駅」より徒歩1分)。

宮内 重幸 院長

宮内 重幸 院長

宮内歯科・クリニック

品川区/旗の台/旗の台駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科

これまで数名の方の口腔がんを発見

宮内 重幸 院長

従兄弟が歯科大学に進んだり、歯科衛生士になったりと、親類縁者に歯科に関係する職業に関わっていたものが多かったものですから、親近感をおぼえ、ごくごく自然に歯学部を目指しました。この仕事以外に何も出来ることがないということもありますが(笑)、自分のしたことが誰かの役に立ち、喜んでいただけるということは非常にありがたいことだと思っています。
東京医科歯科大学を卒業し、口腔外科に籍を置いたのは、ただ単に「かっこいいから」という理由でした(笑)。入ってみてその大変さを身をもって知ることになりましたが、その分、他科では経験の出来ない手術や患者さんの全身管理を学べたことは、非常に意義のあることだったと思っています。
開業から30年が経とうとしていますが、その間、数名の方の口腔がんの発見にいたりました。最近は口腔がん検診というものも広くおこなわれているようになってきていますが、大事に至らない程度の大きさの腫瘍を見つけるには、経験が大きく左右します。その点において、大学で口腔がんの患者さんを多く診てきたことが役に立っているのではないでしょうか。
『宮内歯科・クリニック』は1988年に開院いたしました。私は旗の台で生まれ、ずっとここで育ってきました。ですから、開業するなら他の場所は考えられなかったということなのです。

出来るだけ“良い治療”を皆さんに

宮内 重幸 院長

出来るだけ“良い治療”を手掛けていきたいと思っています。私が考える良い治療とは、健康で問題なく、ご高齢まで過ごしていただけることを念頭に置いたものです。
その流れを汲むものに、義歯(入れ歯)があります。義歯に関しては、開業当初、総義歯で著名な先生にお越しいただき、研鑽を積みました。無痛デンチャーと言い、特殊な総義歯の技術を教えていただいたのですが、その過程で、優れた入れ歯とはどういうものかということを感覚的におぼえることが出来たのです。ですから総義歯は得意な分野と言えますね。
入れ歯が合う、合わないということをよく耳にします。これは咬み合わせと“当たり方”に問題があるからであって、両方を調整することを繰り返していくことで、よく噛める、痛くない入れ歯が出来上がるというわけなのです。
今は金属のクラスプ(留め具)を使わないノンクラスプデンチャーや、シリコンで塗装して食べかすが入らない、“当たり”のよい義歯も扱っています。
また、入れ歯が保つ保たないという話もよく聞きますよね。入れ歯自体は、壊れてしまったら修理をほどこせば済む話ですけれど、入れ歯を固定する歯がダメになってしまったら、保たせるのは非常に難しいことになってきます。それを回避するには、徹底したメンテナンス以外に方法はありません。何も手を打たないで時間が経ってしまうと、歯はいずれダメになってしまうものです。
入れ歯に限らず、クリーニングを続けることで、お口は良い状態に保たれていきます。私の考える“良い治療”の根底にあるのが、それなのです。

最新の医療機器と技術を導入し、今ある歯を保つ治療を

宮内 重幸 院長

当クリニックではコールドレーザーを導入しています。通常のレーザーは熱を利用して殺菌などの効果を期待するものですが、健全な組織が熱を帯びるのは、好ましくない結果をもたらすことがあります。それに対してコールドレーザーは熱が生じないものですから、健康な組織に悪影響を与えることなく、痛みを軽減したり、患部の治りを早くする効果が期待できます。このレーザーにはさまざまな長所があるのですが、使われているところはきわめて少ないものになります。
またこちらでは虫歯治療の際、削ったあとに染め出し液を使うことで、取り残している虫歯がないかどうかを確認します。さらに削った歯の表面にはタンパク質溶解消毒薬を塗布し、目に見えない虫歯菌や雑菌を消毒し、再度細菌が入り込むことのないよう表面をコーティングする処置をおこなっています。
虫歯というものは、とりきれずに少しでも残っていると、再発を繰り返すことになります。当クリニックでは先に挙げたようなさまざまな技術を応用しつつ、高倍率の拡大鏡を用い、再発にいたるリスクを徹底的に取り除けるようにしています。相当程度虫歯が進行してしまった歯を残すことは非常に難しいのですが、あらゆる方法を駆使し、今残っている歯をなんとか保存できるようにしていきたいですね。

あたたかな雰囲気もクリニックの特徴の1つ

気が合ったと言いましょうか、スタッフとはお互いに信頼し合い、和気あいあいと診療をおこなっています。歯科衛生士さんの腕の見せ所は、歯をいかにきれいに保つかという点です。それを可能にするには、患者さんに普段のケアの重要性をご理解していただく必要があります。
幸いなことに、こちらのスタッフは経験が豊富ですので、コミュニケーションを充分にとりながら、患者さんのやる気を引き出してくれているように思いますね。患者さんも親近感を抱いていただけてるようで、定期的に足を運ばれるのを楽しみにされている方もずいぶんいらっしゃいますよ。

これから受診される患者さんへ

口腔内の健康は全身の健康に直結します。お口の健康を保つには、ご自身のケアだけでは限界がありますので、その助けとして、歯科医院で定期的にクリーニングを受けていただけたらと思います。
歯はきれいに保たれていないと、年齢が進むごとにどんどんと少なくなっていきます。定期的にプロのケアを挟むことで、歯を失う“カーブ”を緩やかなものにすることが出来るのです。お口のケアに遅いということはありません。ですが、早いに越したことはないのも事実で、出来ることなら若いうちから歯科医院を定期的に訪れる習慣を身につけていただければと思います。

※上記記事は2018年1月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

宮内 重幸 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:カメラ
  • 好きな作家:百田尚樹
  • 好きな映画:ローマの休日
  • 座右の銘・好きな言葉:人間到る処青山あり
  • 好きな音楽:ポップス
  • 好きな観光地:伊勢神宮

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube 病院徒歩ルート
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声