品川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(品川区)―

岡本 雄吾 院長/いちょう通り歯科医院(洗足駅・歯科)の院長紹介ページ

岡本 雄吾 院長

Yugo Okamoto

患者様とスタッフが一体となって「歯の健康を育む」
というゴールをともに目指していく

東京医科歯科大学に進み、大学卒業後はそのまま大学院に進学。総入れ歯を中心とした摂食機能評価学という分野を学び、その後いくつかの歯科医院で勤務医として経験を積んだのち、2004年に当院を開業

岡本 雄吾 院長

岡本 雄吾 院長

いちょう通り歯科医院

品川区/小山/洗足駅

  • ●歯科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

口腔外科医のドキュメント本を読んだことが、大きなきっかけに

岡本 雄吾 院長

高校生の頃に、とある口腔外科医のドキュメント本を読んだことが、歯科医の道を志す大きなきっかけとなりました。それ以前から「医療系の道に進みたい」という気持ちは持っていましたが、確固たる目標というよりはもっと漠然としたものでした。しかしその本を読んで、口腔外科の奥深い世界や、やりがいのある仕事にふれたことで、気持ちが一気に固まったことを今でもよく覚えています。
大学は東京医科歯科大学に進み、大学卒業後はそのまま大学院に進学。そこでは、口腔外科学ではなく在学中に興味を持った総入れ歯を中心とした摂食機能評価学という分野を学びました。大学院在籍時から、将来は開業医になることを考えていましたので、その頃から少しずつ準備を進め、いくつかの歯科医院で勤務医として経験を積んだのち、2004年に当院を開業しました。
洗足という場所には元々ゆかりはなかったのですが、下見に来た段階で街の雰囲気がとても気に入ったので、特に迷うこともなく、ここを開業場所として選びました。そして院名については、いちょう並木が美しい目の前の通りの名にちなんで「いちょう通り歯科医院」と命名しました。当院からのいちょう並木の眺めは絶品です。

治療前のカウンセリングをとりわけ重要視

岡本 雄吾 院長

当院は、東急目黒線の洗足駅から徒歩2分ほどのところにあります。ここ洗足エリアは完全なる住宅地ですので、お勤めをされている方が来院されるのは、お仕事が休みの土曜日くらい。患者様全体の傾向としましては、近隣にお住まいの主婦やご高齢の方の割合が高くなっています。また、エリア的にはお子様の数が少ない地域ではあるのですが、副院長が小児歯科を得意とし、さらにはキッズクラブ等の取り組みも行っている関係で、当院に関してはおかげさまで、小さなお子様にもたくさんご来院いただいています。
同じく地域的な特徴としましては、ここ洗足エリアにはデンタルIQの高い方が多いと感じています。そのため当院にいらっしゃる患者様におきましても、痛いところや困っているところだけをとりあえず治すというのではなく、お口全体をしっかりと診てほしいというご要望が多いですね。
そうした患者様のご要望にお応えするという意味もあって、当院では治療前のカウンセリングをとりわけ重要視しています。実際に治療に入る前に、まずは30分ほどお時間を頂戴したうえで、カウンセリングについて専門的に学んだスタッフが患者様のお話をじっくりとお伺いしていきます。こうした患者様との十分な意思疎通があって、初めて適切な歯科治療を行うことができると私は考えています。

自分の歯に勝るものはない

岡本 雄吾 院長

私自身、大学卒業後は総入れ歯について学びましたので、入れ歯の特徴や良さは熟知していますし、また専門家としての自負も持っています。しかしその一方で、歯科医として経験を積めば積むほどに、「自分の歯に勝るものはない」という当たり前の事実を強く実感させられます。
現在、人類は歴史上最長の寿命を獲得しているわけですが、寿命が延びたぶんだけ、歯に関しても長く健康な状態を本当に保ち続けることができるのか。このまま行くと、もしかしたら命よりも歯の方が先に寿命を迎えるかもしれません。過去のモデルや成功体験を元に「これまでは大丈夫だった」からと言って「これからも大丈夫だ」という保証はどこにもありません。そうであるからこそなおのこと、私たち歯科医も、そして患者様も、歯を大切にする気持ちや姿勢をこれまで以上に強く持つことが大事なのではないでしょうか。少し壮大な話になってしまいましたが(笑)、日々の診療のなかでは「患者様の歯を少しでも長く残してさしあげたい」という気持ちを持って患者様のお口を診させていただいています。

医療機関としての専門性と、相談所的な親しみやすさの両立

医療に携わる者として、プロフェッショナルであるよう努めることは当然ですが、そればかりを追求しすぎてしまうと、患者様にとって医療はどんどん敷居の高いものになってしまいます。当院はあくまでも「街の歯科医院」ですので、そこはやはり、医療機関としての専門性と、相談所的な親しみやすさの両立を図ることが大事だと考えています。敷居の高さを感じさせることなく、患者様に少しでも気軽にご利用いただけるように、たとえば院内の設備や内装に関しても、あたかも友人の家に遊びに来たような雰囲気を意識しました。その一方で、半個室のユニットや動線分離など、クリニックとしての機能性にもこだわっています。
また当院においては、スタッフ同士の仲が良く、チームワークも抜群。患者様からもよくお褒めの言葉を頂戴しています。アットホームな雰囲気のもと、患者様と私たちスタッフが一体となって「歯の健康を育む」というゴールをともに目指していく、そんな歯科医院でありたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

歯科医院というのは治療をする場所だと思っておられる方も多いと思うのですが、歯を削ったり抜いたりするのは、歯科医の仕事のほんの一部に過ぎません。むしろ私は、歯やお口に関するお悩みの相談に乗ったり、あるいは歯の健康を守るためのアドバイスやサポートをさせていただくことにより重きを置いています。ですので、何かお悩みのことやお困りのことがありましたら、どうぞお気軽にご相談にいらしてください。
そして最後になりますが、当院のいちばんの自慢は何と言っても、私を支えてくれるスタッフたちがとても優秀であること。みな勉強熱心で、たとえば院内に掲示してあるたくさんの啓発ポスターも既製品ではなく、すべて彼女らの手づくりなんですよ。人柄もとても優しい者ばかりですので、もし私に直接お話しにくいことなどがありましたら、彼女たちに何でも相談していただければと思います。

※上記記事は2015.11に取材掲載したものです。
個人の主観的な評価や情報時間の経過による変化などがございます事をご了承ください。

岡本 雄吾 院長 MEMO

  • 出身地:兵庫県
  • 趣味:ウィンドサーフィン、落語鑑賞、音楽鑑賞
  • 好きな作家:白石一文、中谷彰宏、小倉広
  • 好きな映画:『ゴッドファーザー』
  • 好きな言葉:Keep on moving
  • 好きな音楽:ジャズ
  • 好きな場所:沖縄

グラフで見る『岡本 雄吾 院長』のタイプ

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

どちらかというと
エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート