品川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 歯科医師(品川区)―

齋藤 和重 理事長/山手歯科クリニック(大井町駅・歯科)の院長紹介ページ

齋藤 和重 理事長

KAZUSHIGE SAITO

患者様が豊かな生活を送る手助けに
常に最新の医療を提供出来る場所でありたい

鶴見大学卒業。インプラント専門歯科医院勤務を経て、1990年に『山手歯科クリニック』を開院(JR京浜東北線・東急大井町線・りんかい線「大井町駅」から徒歩4分)。
ICOI国際インプラント学会指導医
ITI 国際インプラント・再生医学会公認 インプラントスペシャリスト

齋藤 和重 理事長

齋藤 和重 理事長

山手歯科クリニック

品川区/東大井/大井町駅

  • ●歯科
  • ●歯科口腔外科
  • ●矯正歯科
  • ●小児歯科

心から寛いでいただける空間で皆様をお迎えする

齋藤 和重 理事長

学生時代の仲の良い友人のお父さんが歯科医師をされていました。私はその友人の家によく遊びに行っており、そこで多くの医療機器を目にすることになりました。私は小中学生の頃、プラモデルや鉄道模型、ラジコンなど、モノを作ることが好きな子供でした。その嗜好が、歯科医療にまつわるさまざまな機械への興味へとつながり、この道を歩みだしました。
実際に大学に進んで感じたのは、その対象がモノではなく、人であるという現実でした。模型で練習するのは簡単でも、人を相手にするとなるとそう簡単にはいきません。実際に臨床に携わるようになり、相当な覚悟で勉強に励まなければならないと、心を新たにしたことを今も憶えています。

『山手歯科クリニック』は1990年に開院を迎え、これまで3度のリニューアルをおこないました。そこには、最新の医療機器をその都度導入しなくてはならないという目的もありましたが、もう1つ念頭にあったのが、患者さんをお迎えするという意識でした。クリニックとは、単に治療を受けるだけの場所ではなく、居心地の良い空間でなければならないと考えています。特に定期検診にいらっしゃる方に関しては、歯科医院ではなく、美容室やエステに行くような気持ちで来ていただきたいのです。それを可能にするために、アロマで香りにも気を配り、内装設備等もその観点から充実させました。ゲストをお迎えするという意識で皆様をお迎えし、「また来たい」と思ってもらえるような場所でありたいと考えています。

常に最新で最良の医療を提供出来る歯科医院でありたい

齋藤 和重 理事長

常に最新の医療を提供出来る歯科医院であり、歯科医師でありたいと考えています。時代と共に、医療機器や材料はどんどん進化していきます。私が患者さんであれば、世界で最も良い治療をやってもらいたいと思います。そのために常にアップデートに励む必要があるのです。
日本においても知識や技術の習得は可能です。しかし、世界的に見れば、この国に入ってくる情報は7割から8割ほど。すべてではないのです。欧米で主流となっている材料や技術が日本に入ってくるのは、3年から5年ほどのタイムラグがあります。それを座して待っていては、ただ遅れるばかりです。私が年に2回、3回の渡航を欠かさないのは、世界の時流に乗り遅れることを避けるためです。
すべてを知っているからこそ、自信を持って患者さんに治療の提案ができます。向上心を持ち、常に新しいものを取り入れる姿勢を崩さず、最良の医療をここで提供していきたいと思っています。

最新の機器と技術の粋を集めたインプラント治療

齋藤 和重 理事長

最良の選択肢の1つにインプラント治療があります。当クリニックでは、スイス製のストローマンをメインに取り扱っています。このメーカーが他に比して優れているのは、高い信頼性と品質にあります。治療が終了し、10年後、20年後に何かの部品に不具合が起こった時には、それを取り替える必要が生じます。その際、パーツの供給が止まっていれば、患者さんに多大な迷惑をお掛けすることになります。そのような事態を防ぐには、長年に渡ってインプラントを扱ってきた信頼性というものが大事になってくるのです。
また、ストローマンは海外の学会において、最も生存率が高いことが報告されています。より安価なものはいくらでもありますが、患者さんのお口に入れるものですから、最上の品質のものを提供したいと考えています。

インプラントを埋入する際には、安全を確保するさまざまな工夫や設備が必要です。CTを活用したガイドシステムもそうですし、少ない骨を再生しておこなう方法もその1つ。当クリニックではそれらに加えて、イタリア製のマグネティック・マレットという機器を導入しています。
インプラントはドリルで骨を削って入れていくのが一般的ですが、“やわらかい骨”に関しては同じ方法を採るわけにはまいりません。マグネティック・マレットは、骨を削り取るのではなく、圧を掛けて骨を密にしながら埋入口を作っていくものです。これにより、インプラントと骨の融合性が高まることになります。
当クリニックには、他院で治療が難しいと言われたという方が多く来院されます。これは本当に歯医者冥利に尽きるというもので、勉強してきて良かったと思う瞬間です。

インフォームド・チョイスを徹底し、ご満足いただける治療を

『山手歯科クリニック』では、インフォームド・コンセントならぬ、インフォームド・チョイスを重視しています。治療法は1つではありません。その方に合った治療を何通りかご提案し、その中で患者さんにお決めいただくという方針を徹底しています。患者さんに選択していただくことで、心から納得して治療に臨んでいただきたいと思っております。
私としては、2年、3年でまたやり替えるということでは、治療ではなく応急処置に過ぎないという認識を持っています。ひとたび治療が終われば、あとはメンテナンスで10年、20年と何の問題もなくお使いいただく。すべての治療が私にとって自信作と言えるよう、誇りと責任を持って治療に臨んでいきたいと思っています。

これから受診される患者さんへ

当クリニックが目指しているのは総合歯科です。インプラントも出来るし、歯周病治療も矯正も審美治療も出来る。医院全体の力を結集し、すべてをここで診ていける体制を整えていきたいと考えています。
お口のことで何かあきらめてしまわれているようでしたら、まずはご相談ください。しっかりとした診断の元に、可能性を探り、あなたに最適な治療をご提案致します。

※上記記事は2017年11月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

齋藤 和重 理事長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:スキューバダイビング、モータースポーツ
  • よく手にとる本:歯科関連書籍
  • 好きな映画:『トップガン』
  • 好きな言葉:「向上心」
  • 好きな音楽:ジャズ
  • 好きな観光地:沖縄、パラオ

グラフで見る『齋藤 和重 理事長』のタイプ

エネルギッシュで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

エネルギッシュで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート