品川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・声サイト

院長先生

― 医師(品川区)―

赤股 要 院長/五反田駅前ひふ科(五反田駅・皮膚科)の院長紹介ページ

赤股 要 院長

KANAME AKAMATA

一般診療から美容皮膚科、日帰り手術まで
皮膚科専門医が質の高い医療を提供する

三重大学医学部を卒業後、皮膚科を専門に研鑽を積む。東京大学医学部附属病院や東京逓信病院をはじめとする総合病院で診療するほか、アメリカ留学も経験。周囲のニーズに応える形で2018年、「五反田駅」そばに開業。

赤股 要 院長

赤股 要 院長

五反田駅前ひふ科

品川区/西五反田/五反田駅

  • ●皮膚科
  • ●アレルギー科
  • ●小児皮膚科
  • ●美容皮膚科

皮膚科専門医ならではのスキルをいかして、皮膚トラブルに幅広く対応

赤股 要 院長

私が医師を志したのは、病気に苦しむ親類に向けて「自分の力で何かできないか」と考えたのが最初のきっかけでした。そして大学卒業後、2年間の研修で各科をまわる中、皮膚疾患に悩む患者さんとの出会いによって「皮膚科医になろう」と心に決めました。皮膚科の診療は、症状を正しく見極めることから始まり、患者さんの生活環境にも考慮しながら治療をおこない、それが目に見える結果となってあらわれます。つまり、治療の結果は「ドクターの技量」にかかっているとも言えるんですね。私は、そんな「自分らしさ」を発揮できる部分にやりがいを感じて、大学病院や市中病院で研鑽を積みました。
皮膚科医として10年あまり経験を重ね、『五反田駅前ひふ科』を開設したのは2018年7月でした。実は、大学病院で診療していた当時、「どこにかかれば良いか分からないから来ました」とおっしゃる患者さんが多くいらしたんですね。そのため私は、身近な場所にある「町のクリニック」で正しい診断や適切な治療ができれば、きっと地域のみなさまのお役に立てると思ったのです。皮膚科専門医ならではのスキルをいかし、お肌のトラブルから美容面まで、さまざまなニーズにお応えしていきたいと考えています。

来院するすべての患者さんにやさしい、駅チカの皮膚科クリニック

赤股 要 院長

『五反田駅前ひふ科』では保険診療をベースに、皮膚のお悩みに幅広く対応しています。来院される患者さんは、生後2ヵ月頃から80歳を過ぎたご高齢の方などさまざま。日中は地域にお住まいの方が中心で、夕方からは近隣にお勤めのビジネスパーソンが増えてくるという感じでしょうか。当院は駅からすぐの恵まれた立地ですし、平日は午後7時半まで、土曜日も午後5時まで診療しておりますので、仕事やプライベートにお忙しいみなさまにも通っていただきやすいのではないでしょうか。
院内は、清潔感のある白を基調にした落ち着きのある空間が広がり、キッズスペースを備えた待合室、診察室、処置室などにも、それぞれゆったりとしたスペースを確保しています。ビルの入り口こそバリアフリー仕様ではありませんけれど、クリニックにご連絡いただければスタッフがお手伝いすることも可能です。ベビーカーや車いすをお使いの場合にも、安心してご来院ください。

一般診療から美容皮膚科、日帰り手術まで、地域の中で質の高い医療を提供

赤股 要 院長

私自身、子供のころはアトピー性皮膚炎の症状に悩まされたことがあり、当院においてもアトピー性皮膚炎や乾癬に有効な「紫外線治療」に力を注いでいます。クリニックレベルでありながら、全身に照射ができる「ナローバンドUVB」と、部分照射型の「エキシマライト」の2種類を備えていて、患者さんの症状にあわせてオーダーメイドの治療をご提供します。紫外線治療は、お薬を使っても改善がみられない症状にも効果が期待できますので、ぜひ一度ご相談いただきたいと思います。
一方で、年齢を問わず、女性患者さんからご相談いただくケースが多いのが「シミ」のお悩みです。当院では、シミやあざの治療に適した「Qスイッチアレキサンドライトレーザー」を導入して、患者さんのお悩みが解消されるように力を尽くします。また、ホクロ除去をはじめとした小手術に対応できることも当院の大きな強み。私自身、これまでたくさんの手術を担当してきましたし、このクリニックにおいても十分に安全を確保しながら、日帰りでの手術をおこなっています。

患者さんと「人」として向き合い、確かな信頼関係を築いていく

診察の際には、できるだけ患者さんの「お名前」でお声かけするようにしています。医師と患者という関係ではありますけれど、「人」と「人」として向き合っていきたい、と言いますか。何でも話し合える雰囲気づくりを心がけ、患者さんとの信頼関係を築いていきたいですね。
そしてもう1つ、皮膚の症状や治療法について、患者さんにわかりやすく説明するというのも私が常に心がけていることで、それは相手が大人でも子供であっても変わることはありません。私自身、子供の頃の経験から「自分が」お薬をきちんと使わないと症状が改善しないことは、身にしみて分かっているつもりです。ですから、このお薬を使うと、お肌がどんな風にキレイになっていくのかということを、わかりやすい言葉でお伝えするようにしています。私もプライベートでは、子供をもつ父親ですので(笑)。子供たちの目線にあわせて、やさしくお話をしていきたいと思います。

これから受診される患者さんへ

『五反田駅前ひふ科』は、「五反田駅」西口から徒歩30秒のビル3階で診療しています。医療機関を受診するのは、どことなく敷居が高いイメージがあるかもしれません。でも、お肌のことで何かお悩みがあるならば、ためらわずに専門家の意見を求めていただきたいと思います。当院では、かぶれやイボなどの症状から、シミやにきび跡など美容面のお悩み、ホクロ除去をはじめとした小手術まで幅広く対応しています。何かお困りのこと、気になる症状がありましたら、気軽にご相談いただきたいと思います。

※上記記事は2018年9月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

赤股 要 院長 MEMO

皮膚科専門医

  • 出身地:千葉県
  • 趣味・特技:子供と遊ぶこと
  • 愛読書:皮膚科専門書
  • 好きな映画:パッチ・アダムス
  • 好きな音楽やアーティスト:洋楽
  • 好きな場所:シカゴ
  • 好きな言葉・座右の銘:全人的医療

グラフで見る『赤股 要 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の声
  • YouTube 患者の声
  • YouTube 病院徒歩ルート