品川区ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 医師(品川区)―

鳴戸 理佐 院長/五反田なると耳鼻咽喉科(五反田駅・耳鼻咽喉科)の院長紹介ページ

鳴戸 理佐 院長

RISA NARUTO

苦しむ患者さんを救いたい。
頼りになる耳鼻科のかかりつけドクター

藤田保健衛生大学医学部卒業後、医療法人尚豊会みたき総合病院で医長を務めるなど、いくつかの病院で耳鼻科専門医としての研鑽を積む。2017年五反田なると耳鼻咽喉科を開院。

鳴戸 理佐 院長

鳴戸 理佐 院長

五反田なると耳鼻咽喉科

品川区/東五反田/五反田駅

  • ●耳鼻咽喉科
  • ●小児耳鼻咽喉科
  • ●アレルギー科

患者さんの痛みや苦しさを何とかしたい

鳴戸 理佐 院長

私の周りでは祖父が医師、母が薬剤師をしていました。身近な人達が医療に従事していたことは、私が医師を志す上で大きなきっかけになったと思います。
人のための医療がしたい、と思いながらどんな医療を専門にしようかずっと決められずにいました。しかし、大学卒業後にご縁があり入局した医局で耳鼻科という診療科目に出会いました。細かく手を動かすこと、処置をすることで患者さんの痛みや苦しさをすぐに取り除くことができることに魅力を感じ、耳鼻科の医療に携わろうと決意しました。
クリニックを開院した五反田は、東京に移り住んでからずっと気になっていた街です。ビジネス街も住宅地も近く、患者さんの利便性も良い場所。巡り合わせ良くこの場所を見つけることができたので、開院する場所として決めました。(JR山手線・東京メトロ浅草線・東急池上線 五反田駅より徒歩2分)

患者さんの過ごしやすい院内。感染症対策もしっかりと

鳴戸 理佐 院長

五反田周辺はお勤めの方以外にもファミリー層も多く、赤ちゃんからご高齢の方まで幅広い年代の方がいらっしゃいます。めまい、耳が痛い、といった症状のほか、喉の痛みなど風邪の症状で受診される方も多いですね。今まで国籍、年齢などさまざまな患者さんを拝見してきたので、ここでの診療でその経験を生かすことができています。
医療機関はさまざまな人が訪れる場所。院内はできるだけ患者さんの居心地が良く、安心できる場所にしたいと考えました。受付と診察室の壁には北海道産の特別な珪藻土(けいそうど)を使用しています。吸湿や清潔性にすぐれ、北海道で知り合った建築士さんに習い珪藻土の中に遠赤効果の強いクレイ(ミネグリーン)を混ぜております。カビ・ダニの発生を抑え、化学物質も吸収してくれるので、敏感な患者さんにも過ごしやすい環境になっていると思います。
また、インフルエンザなど感染症の流行する時期は、菌の感染が気になりますね。当院では待機室というお部屋を設けていて、インフルエンザの診察でいらした方は検査中、こちらで過ごして頂きます。ほかの方に感染症をうつしてしまったり、逆にうつされたりということを気にすることなく診察を受けることができます。
院内の検査機器に関しては耳鼻科の診断・治療に関するものは一通り完備。特にめまいの診断に関する設備は優れたものを導入しています。

意外と分かりづらい「めまい」の原因

鳴戸 理佐 院長

当院にはめまいやふらつきの症状を訴える方が多くいらっしゃいます。特に女性の方に多いのですが、実は、めまいという症状はさまざまな病気に現れるものなんです。良性のものもあれば、自律神経失調症などの心因性のもの、高血圧・低血圧などのほか、脳梗塞や脳出血の症状として現れるものもあります。
しかし、めまいの原因を探るのは意外と難しく、原因不明とされてしまうことも少なくありません。原因は分からないけれど具合が悪い…という状態はとても不安になりますよね。私自身も学生時代に軽い難聴で同じ経験をしたので耳の不快感については良く分かります。少しでも原因が分かりアドバイスができるように、当院では「重心動揺検査」ができるグラビコーダーという機器を導入しています。検査自体は難しいものではなく、専用の機器の上の乗るだけで立っているときのふらつきを検査することができます。めまいやふらつきを感じる…、訪れたお医者様で原因不明といわれてしまった…などでお困りの場合は一度ご相談ください。
また、当院で実施している治療法で特徴的なものがスギ花粉への舌下免疫療法。スギ花粉から抽出したエキスを定期的に舌の裏に投与することで少しずつスギ花粉への耐性をつける治療法です。12歳以上であれば実施可能で、2014年から健康保険の対象にもなっている治療法です。スギ花粉のアレルギーでお悩みの方はご検討をおすすめします。(2018年4月から5歳から治療が可能になる予定です。詳しくは診察の際にお尋ねください。)

患者さんの一人一人の事情に合わせた診療を

診察で患者さんと接する際に心がけていることは、患者さんの悩みや希望をよくみ取ることです。自分の知識と照らし合わせることでより患者さんに沿った治療を提供しています。
例えば、お薬の処方一つにしてもさまざまなニーズがあります。お勤めされている方の中には、海外へ出張に行くので薬を多めに欲しい、という方もいれば、仕事が忙しいので、できるだけ薬の量や回数を減らしたいという方もいらっしゃいます。なかなか言い出しづらい方が多いと感じたので、今では患者さんが要望を出しやすいように問診表で細かく記入できるようにしています。
また、お子さんの患者さんは大人の方よりも敏感です。お医者さんに来た…というだけで泣いてしまうお子さんも少なくありません。身振りや表情などできるだけ安心できるように心がけています。

これから受診される患者さんへ

「耳が痛い、聞こえづらい、鼻づまりが続き、風邪気味である。声がかすれる・喉が痛い」…といった症状がみられる方や、アレルギー性鼻炎、花粉症でお困りであれば、まずはお話をお聞かせください。私どもは五反田周辺にお住まい、お勤めの方の「耳鼻科のかかりつけ医」でありたいと考えています。必要に応じて外部の専門機関をご紹介することもできます。
また、当院では医療用のプラセンタ療法も行っています。プラセンタというと美容的な効果でご存知の方も多いかもしれませんが、実は耳鼻科、婦人科、内科、心療内科など幅広い病気に改善効果があることが知られています。
更年期障害などにも効果がありますので、なんとなく体の調子が悪い…といった場合にもおすすめしたい療法です。健康保険の適用が可能ですので、興味のある方は一度ご相談ください。

※上記記事は2017年10月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

鳴戸 理佐 院長 MEMO

耳鼻咽喉科専門医

  • 出身地:三重県
  • 趣味:旅行、アシュタンガヨガ
  • 好きな本:幅広く知識の得られるもの(池上 彰氏、水木しげる氏の著作など)
  • 好きな映画:フランス・イタリアの古典映画、道(フェデリコ・フェリーニ 監督)、フォレスト・ガンプなど
  • 好きな言葉:求めよ、さらば与えられん(聖書)
  • 好きな音楽:ジャズ、クラッシック、オペラ
  • 好きな場所:北海道、伊豆、下田

グラフで見る『鳴戸 理佐 院長』のタイプ

穏やかで明るく話しやすい先生

穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

穏やかで明るく話しやすい先生
穏やかでやさしく
話しやすい
エネルギッシュで
明るく話しやすい

先生を取材したスタッフまたはライターの回答より

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート