東京ドクターズ  |  病院・クリニック・歯医者・動物病院の検索・口コミサイト

院長先生

― 歯科医師(品川区)―

埜口 潮人 院長/のぐち歯科医院(荏原町駅・歯科)の院長紹介ページ

埜口 潮人 院長

SHIOTO NOGUCHI

咬み合わせを重視した一口腔単位の診療。
責任とセンスをもって治療に臨む。

昭和大学卒業後、大学院で口腔病理を学び、1985年に『のぐち歯科医院』を開院(東急大井町線「荏原町駅」より徒歩1分、都営浅草線「中延駅」より徒歩6分、東急池上線「旗の台駅」より徒歩7分)。

埜口 潮人 院長

埜口 潮人 院長

のぐち歯科医院

品川区/中延/荏原町駅

  • ●歯科
  • ●小児歯科
  • ●歯科口腔外科

恩師との出会いが、今の診療の基礎に

埜口 潮人 院長

昭和大学を卒業後、大学院で口腔病理を学びました。口腔病理とは、患者さんが何か病気に罹った際、組織の一部を採取し、それを分析して何の病気であるかを確定する学問のこと。きわめて特殊な分野と言えますが、病気の捉え方、物事の考え方をこの時期に学びました。
その後は、開業医の先生の元で修養を積みました。今のやり方や技術のほとんどは、恩師であるそちらの先生に教わったと思っています。患者さんにどう説明し、どう治療を進めていくか。私の診療の基礎は、そこで養われたのです。
『のぐち歯科医院』は、1985年に開院いたしました。ここは“居抜き”と言って、高校の先輩が開業していらしたところなのです。母校に近いことと、タイミングが合ったことに縁を感じ、この地で診療をスタートすることになりました。

正直であること。それが歯科医師としての私の矜持

埜口 潮人 院長

できないものはできない。わからないものはわからない。正直であることを常に心掛け、治療における失敗も包み隠さず患者さんにお伝えすることが大切です。治療はすべてが上手くいくものではありません。例えば歯を削り、型をとって詰め物を作ったとしましょう。それを入れる際、小さな隙間が生じていることがあるのです。それをそのままにせず、患者さんに正直に説明し、もう1度おこなえるようにお願いをします。
私たちは、患者さんの目に見えない世界を扱っているわけで、信頼性が常に問われているわけです。普通のことを普通にきちんとすることにプライドを持って診療をおこなっていきたいと考えています。

センスと責任を持って治療にのぞむ

埜口 潮人 院長

自分でいささかの自負を持っているのは、センスの部分です。歯には色や形がありますよね。全体のバランスを見ながら、“合わせていく感覚”は、自信のあるところです。
その形はまた、咬み合わせという非常に大事なところへとつながっていきます。咬み合わせが悪い場合、まず問題になってくるのが顎関節症です。この顎関節症ですが、その8割から9割は、歯医者自身が作っていると申してよろしいでしょう。
赤い紙や青い紙で咬み合わせをチェックされた経験があるのではないでしょうか。そこで高い場合はさほど問題はありませんが、低い場合にはのちのち、不具合が起こる可能性が生じます。人は咀嚼する時、噛み切りたいものなんですね。しっかり咬み合ってない場合は、噛もうとする力が不用意に働くことになり、それがあごの関節の一部を損傷させてしまうのです。その不具合は、やがて噛む時に音を生じるようになり、ひどい場合には口が開かなくなる事態に陥ります。
顎関節症を完全に治すのは難しく、だからこそ、咬み合わせが悪くならないように心掛けなければなりません。色や形を造形するセンスは、その部分でも問われることになるのです。

患者さんとのコミュニケーションがなによりも大切

どのような治療法にも、長所と短所があります。当院では主に自費診療を望まれる場合、説明書をお渡しし、それをご覧いただきながら説明をおこなっています。治療の成功は、患者さんご自身が納得されているかどうかが非常に大切な要素。そのためにも、コミュニケーションの充実がとても大事なのです。
私はそんなに口が良いほうではないのですが(笑)、患者さんとはよく話をします。そのとき、とりたてて意識することなく患者さんの口の動きを見ています。話す時の筋肉の張り具合や首の傾きなどは、咬み合わせにも直結しますからね。そんなところに目が向いてしまうのは、これはもう職業病と言えるかもしれません(笑)。

これから受診される患者さんへ

疑問があれば、ドクターに聞くのが大切です。インターネットは便利ではありますが、それを100%信じることはおすすめしません。たとえその情報が正確であったとしても、それがその人に合ってるいるかどうかはまた別問題なわけですから。それを考えれば、ドクターに聞くのが1番です。
それから、ドクターにお任せするのもおすすめできません。患者さんの希望があれば、それに沿ったものを提案することで、治療が先へと進んでいきます。とにかく話をすることが大事だし、遠慮されずに望むことを伝えていただきたいですね。

※上記記事は2016年12月に取材したものです。
時間の経過による変化があることをご了承ください。

埜口 潮人 院長 MEMO

  • 出身地:東京都
  • 趣味:絵画、テニス
  • 好きな本:水滸伝
  • 好きな映画:椿三十郎
  • 好きなアーティスト:中島みゆき

CLINIC INFORMATION

  • Facebook
  • Twitter
  • Google+
  • YouTube 街の人の口コミ
  • YouTube 患者の口コミ
  • YouTube 病院徒歩ルート